OVER 500 Y-SHIRTS

ビジネスパーソンの為の白シャツを豊富に取り揃えました

ワイシャツの正しい洗濯方法と
心地よいランドリールームの作り方

美しいワイシャツをキープし続けるためには、何よりも正しい洗濯方法を知っておくことが大切です。しかし、「そもそも洗濯自体が億劫」だという方は、まず心地よいランドリールーム作りから始めてみてはいかがでしょうか?そうすれば、日々の洗濯タイムもきっと楽しいひとときへと変わっていくはずです。

毎日の「キレイ」と「心地よさ」を生む、賢い振る舞いとは

ランドリールームは、毎日の「キレイ」と「心地よさ」を生み出す場所。そこでは、常に賢い振る舞いが要求されます。ワイシャツには正しい洗濯方法があり、ランドリールームそのものを心地よくバージョンアップする手立ても存在するのです。

シワを最小限に抑えられる
正しい洗濯方法

洗濯前の確認、洗濯ネットのススメ、洗濯機に入れてからの注意点。この三項目をマスターしておけば、イヤなシワを寄せつけずに洗濯を済ませることが可能になります。

ワイシャツを洗濯機に入れる前の
チェックポイント

  • 1取り扱い絵表示を確認

    身頃の内側に付いたタグを見ると、洗濯に関する注意事項が絵と文章で書かれています。絵表示は、日本工業規格(JIS規格)が制定しているものです。何を表しているマークなのか分かると洗濯を正しく行うことができます。

  • 2水洗いの可否を確認

    従来の取り扱い絵表示では、四角い洗濯機のマーク、新しいワイシャツの場合はバケツのマークがあれば、洗濯機で水洗い可能です。バケツの下に線が引いてある場合は、弱い洗濯処理ができることを表し、マークの中の数字は洗濯する際の水の最高温度を示しています。また、数字の上に「弱」と書いてある場合は、「弱水モード」もしくは「弱い手洗い」で洗ってくださいという意味です。×印が入っている場合は水洗い不可です。

  • 3漂白剤の使用可否を確認

    三角形のみが書かれている場合は「あらゆる漂白剤が使用できる」、三角形の中に二本の斜め線があると「酸素系/非塩素系漂白剤に限って使用できる」、×印が入っていると「漂白剤の使用禁止、漂白禁止」という意味です。

  • 4汚れやシミを確認

    襟の内側や袖口に皮脂や汗の汚れがついていないかを始め、シャツ全体を見て汚れやシミの有無を確認しましょう。もし見つかった場合は、部分汚れ専用の洗剤などで前処理をしておくとよいでしょう。

ワイシャツを洗濯ネットに入れる時のポイント

  • 1ワイシャツを裏返す

    胸ポケットの中にレシートやクリップなど余計なものが入っていないか確認した後、襟や袖口などの身体に触れていた部分に付いた汚れがよく落ちるように、ワイシャツを裏返します。

  • 2肩幅の中程でまっすぐ折る

    ワイシャツをたたんで収納する時と同じように、肩幅の中央あたりを目安にして身頃をまっすぐに折り返します。

  • 3袖を折り返す

    折り返した身頃のラインに沿わせるようにして、袖を折り返します。

  • 4反対側も折る

    23の工程を繰り返して、反対側の身頃と袖も折り返します。

  • 5さらに全体を1回折り返す

    裾の部分を持って襟の方に折り返し、シャツ全体をコンパクトなシルエットにまとめます。

  • 6ネットのサイズに合わせて入れる

    もし、用意した洗濯ネットの大きさに合っていなければ、きちんと収まるようにもう一度たたみ直しましょう。なるべく編み目が細かいものを選び、ひとつの洗濯ネットにシャツは一枚だけ入れるようにしましょう。

ワイシャツを洗濯機に入れた時の
チェックポイント

1 洗濯機のコース設定
取り扱い絵表示で確認した通りの洗濯コースを設定してください。通常の水洗いで大丈夫な場合は、「標準コース」。手洗いの指定があるなら、「手洗いコース」または「ドライコース」を選択しましょう。優しい水流と軽めの脱水でデリケートな生地をソフトに洗ってくれます。
2 脱水時間
洗濯時のワイシャツにシワが発生する最大の原因は、脱水。シャツの脱水時間は、15秒〜30秒程度が望ましいとされています。脱水の所用時間をボタンで変更したり、途中で一時停止を選択してワイシャツだけ取り出すといった手間をかけたりして、過剰な脱水でワイシャツにシワが刻まれてしまうのを防ぎましょう。
3 柔軟剤
洗濯時に柔軟剤を使うとシワがつきにくくなります。最近では洗濯中に衣類が絡まってしまうのを防ぐ、洗濯ジワ防止機能のある柔軟剤もあるのでオススメです。香りも含め、洗剤と柔軟剤の組み合わせにこだわってみるのも楽しいものです。

ワイシャツを洗濯機から出した後のチェックポイント

  • 1すぐに洗濯機から取り出す

    脱水後に洗濯機の中に長く放置していると、シワが生まれてしまいます。なるべく早く洗濯機から取り出しましょう。洗濯ネットから取り出したら、肩の部分を持って軽く振ってください。さっと数回振ることでシワを取ることができます。

  • 2たたんで軽くたたく

    さっとワイシャツをたたんでから、軽くたたきます。もちろん、収納する時ほどキレイにたたむ必要はありません。片方の手に乗せて、反対側の手で軽くたたくことにより、細かい洗濯ジワを取ることができるのです。

  • 3太めのハンガーに干す

    肩の部分に厚みがあるハンガーを選び、取り扱い絵表示に記されているとおりに干しましょう。シャツの肩線とハンガーの中心線がずれてしまわないように注意。

  • 4ハンガーにかけてから伸ばす

    ハンガーにかけた状態で、各ディテールにシワがあった場合は伸ばしていきます。チェックしたいのは襟、袖口、前立て、ポケット。これらの箇所にシワがあると目につきやすいので、干す段階で対処しておくと後がラクです。肩や身頃のサイドなどの縫い目部分は、縦・横・斜めの三方向に伸ばしましょう。

洗濯した後の方が洗濯する前よりもシワが少ない、という驚きの事実

洗濯前のワイシャツ(写真左)には、パンツにタックインしたことで裾に発生した大きなシワなど、着用によって生じるシワが見られます。それが、「シワを最小限に抑えられる正しい洗濯方法」のおかげで、洗濯前よりもシワの少ない姿に。

心地よいランドリールームの作り方

ランドリールームそのものが心地よいと、生活のあれこれが良い方向に進んでいきそうな気がします。たったの4ステップを踏むだけなので、今日からでもすぐ取り入れられます。

  • 1全体のテイストを統一する

    例えば、「白を基調にしてクリーンに、ミニマルに」。ランドリールームを取りまとめるコンセプトを設定し、全体のテイストを揃えていきましょう。

  • 2モノは最小限に

    ランドリールームがモノであふれかえっているのはいただけません。見える場所には必要最低限のモノだけを置いて、シンプルに演出したいものです。

  • 3どこに何があるか分かるように

    白無地のランドリーボトルに洗濯洗剤や柔軟剤、漂白剤などを入れて、すっきりと統一感のある見映えに。中身を識別するためのステッカーをプラスするとよいでしょう。

  • 4いつだってクリーンに

    水垢、洗剤などの液だれなどで、放っておくといつの間にか残念な状況になりかねないのがランドリーまわり。常に清潔感あふれる状態を保つように心がけましょう。

くつろぎたくなるランドリーム、と
いう新しい価値

リビングルームやダイニングルームのように長い時間を過ごす場所ではないのですが、毎日の「キレイ」と「心地よさ」を生み出し、幸福感を高めてくれる聖域とも呼べるスペース。それが、ランドリールームです。思わず、腰掛けてくつろぎたくなるほど整理整頓され、手入れが行き届いている状態が理想的。洗濯にもよりいっそう精が出て、ワイシャツの白さも際立つことでしょう。

オススメのランドリーアイテムはこちら!

心地よいランドリールームを作るために欠かせないのが、こだわりのランドリーアイテムです。身体に優しい、見映えがいい、機能的に優れている......。これらの特性があるアイテムを迎え入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする
TOPへ戻る