OVER 500 Y-SHIRTS

ビジネスパーソンの為の白シャツを豊富に取り揃えました

いまさら聞けない基本のキ!
知っておきたい
ワイシャツの基礎知識

私たちは自分の愛用品のことを、いったいどれだけ理解しているのでしょうか。実は各部の名称や素材、機能性ですら、ほとんど知らずに身につけているという方も多いのではないでしょうか。ここでは、ビジネスパーソンが最も袖を通す機会の多いワイシャツの基礎知識について、詳しくご紹介します。

ワイシャツでおさえるべき
基礎知識は「各部の名称」と「素材」

襟やヨーク、カフスのような「各部名称」と、ブロードやドビー、ヘリンボーンのような「素材」。まずはこの2つをしっかりとおさえておくことが大切です。

ワイシャツの各部名称を知る

ワイシャツは、たくさんのディテールの積み合わせで出来上がっています。まずは、それぞれのディテールを紐解いて、存在意義をしっかりと理解しましょう。

  • 1
  • 2襟先
  • 3台襟
  • 4ボタン
  • 5袖山
  • 6アームホール
  • 7ポケット
  • 8前立て
  • 9
  • 10上前身頃
  • 11下前身頃
  • 12ボタンホール
  • 13ヨーク
  • 14背ダーツ
  • 15後身頃
  • 16剣ボロ
  • 17カフス
  • 1

    シャツの表情を決める大事なディテールといえるのが、襟(英語では「collar」)です。レギュラーカラー、ワイドカラー、ボタンダウンカラーの三種が定番とされ、開きや長さ、形状の違いによって様々な種類があります。

  • 2襟先

    襟の先端部分のこと。両方の襟先が開いた角度によってセミワイドカラー、ホリゾンタルカラーなどに名称が変わります。また、襟の付け根から襟先までの距離が長いものをロングポイント、短いものをショートポイントと呼びます。

  • 3台襟

    襟を支えているバンド状のパーツ。襟腰や襟台とも呼ばれます。ハワイアンシャツなどに見られる開襟カラーには台襟がなく、リラックスした雰囲気。逆に、台襟が高く設定されたシャツはドレッシーな風格が持ち味。台襟もシャツの顔つきを決める重要な要素なのです。

  • 4ボタン

    台襟部分の第一ボタンを始めとして裾付近に至るまで、左右の身頃を開閉するために縫い付けられる付属パーツ。袖口の開閉にも用いられます。ドレスシャツにはシェル、リゾートシャツにはココナッツやバンブーなど、シャツのテイストによって使われる素材が変わることも。

  • 5袖山

    袖を横から見ると肩に縫い付けられた部分は、山のような曲線を描いていることが分かります。この山になっている部分が袖山です。袖山が高くなるほど袖は腕を真っ直ぐ下ろした状態に近いシルエットになるなど、袖山のパターンワークは着心地やシルエットに大きく影響します。

  • 6アームホール

    シャツの身頃は、袖を縫い付けるためにぽっかりと穴のあいた設計になっています。これがアームホールで、シャツの完成後に腕を通すための穴です。タイトなシャツもしくはサイズが小さいシャツを選んだ場合は、アームホールも当然ながらスリムになります。

  • 7ポケット

    元来、シャツは下着から派生したものでポケットは不要とされてきました。よりドレッシーな表情をシャツに求めるのであれば、ポケットが配されていない一枚を選ぶとよいでしょう。ビジネスシーンで着るシャツには、利便性を考えてポケットを配したものも多数あります。

  • 8前立て

    両身頃を重ね合わせる部分の仕様で、大別すると表前立て(プラケットフロント)と裏前立て(フレンチフロント)になります。帯状の細長い生地を縫い付けているタイプが表前立て、生地の端を内側に折り返しているタイプが裏前立て。さらには、ボタンを隠した比翼仕立てと呼ばれる仕様も。

  • 9

    腕を覆うパーツ。ドレスシャツにおいては長袖(ロングスリーブ)が基本となりますが、七分袖(スリークォータースリーブ)、五分袖(ハーフスリーブ)、半袖(ショートスリーブ)といった種類があり、好みやシチュエーションに合わせて選ぶことができます。

  • 1011上前身頃、下前身頃

    身頃とは襟と袖を除いた胴の部分の総称です。お腹側が前身頃で、背中側が後身頃。前身頃には左と右があり、上前身頃はボタンを閉じた時に上側になる身頃(メンズの場合は左身頃)のこと、下前身頃はボタンを閉じた時に下側になる身頃(メンズの場合は右身頃)のことです。

  • 12ボタンホール

    シャツの前身頃の片方にはボタンが縫い付けられ、もう片方にはボタンホールがあしらわれます。ボタンホールのかがり糸もシャツの良し悪しを判断するひとつのポイント。ハンドワークを駆使したシャツの場合は、細かく丁寧にかがられています。

  • 13ヨーク

    肩から背中上部にかけての切り替え部分。肩から背中にかけて身体の丸みに沿うように工夫されています。[THE T.I.E]のワイシャツは、スプリットヨークと呼ばれる仕様。ヨークの中心部に縦の切り替えが入ります。着心地を考えて、あえて手間のかかる仕様にしているのです。

  • 14背ダーツ

    後身頃にウエストを絞ったダーツ(つまみ縫い)を施した仕様。[THE T.I.E]のワイシャツにも採用しています。ウエスト部分が絞られ、すっきりとしたシルエットのため、細身に見せたい方におすすめです。

  • 15後身頃

    お腹側の前身頃に対し、背中側を後身頃といいます。厳密にいうと背中のヨーク下から裾までの部分。ダーツやプリーツを入れることで着心地を良くして、動きやすくするなど、後身頃のパターンにも各ブランドのこだわりが盛り込まれています。

  • 16剣ボロ

    シャツの着脱や袖まくりが容易になるように、袖口から続く前腕部の切り込み部分に縫い付けられる短冊状のパーツ。ボタンホールがある方を上ボロ、ボタンが付いている方を下ボロといいます。また、ここに付けられるボタンをガントレットボタンと称します。

  • 17カフス

    袖口のフィット感を高めるためのバンド状のパーツ。シングルカフス、ダブルカフス、ターンナップカフスなど、デザインにはバリエーションがあります。襟と同様にシャツの印象を大きく左右する重要なパーツです。

ワイシャツの素材を知る

ディテールに加えて、そのワイシャツの存在感を決定する重要な要素となるのが「素材」です。着心地に直結してくるので、しっかり知識を身につけておきましょう。

ワイシャツに使用される一般的な素材

綿(コットン)
吸湿性、保温性、通気性に優れ、肌触りが良く、最もポピュラーに使用されている天然繊維。熱に強くアイロン仕上げが高温でできるところも、ワイシャツの素材として頼りになるポイント。
麻(リネン)
天然繊維の中でも強靭とされるのが麻の繊維。熱の伝導性も良いので、体温を速やかに放熱させて肌に涼感を与えます。水分の吸収・発散も速く、汗ばんでも肌にべとつきません。
ポリエステル
弾力性が高く、シワになりにくい化学繊維。速乾性があるので水に濡れても収縮しません。形を作って熱を加えると、その形が固定される性質であるため、形態安定素材としても使われています。

まだまだある!!
ワイシャツに使用される代表的な素材

  • 1ブロード

    密度の高い平織り素材で、上品な光沢感と滑らかな肌触りが特徴。イギリスで「ポプリン」という名称で生み出された生地が、アメリカに渡って「ブロード」と呼ばれるように。

  • 2オックスフォード

    タテ糸、ヨコ糸を二本ずつ引き揃えて平織りにした生地。そのため、同じ平織り生地のブロードよりも厚手で凹凸感があります。ボタンダウンシャツに使われる素材として有名。

  • 3ツイル

    日本語でいう「綾織り」のこと。二本以上の間隔を開けてタテ糸とヨコ糸を交差させる織り方により、糸がマス目状に並ぶ平織りとは違って生地表面に斜めのラインが浮かび上がります。

  • 4ヘリンボーン

    ニシン(herring)の骨(bone)に織り目が似ていることから命名。コットン製のシャツ生地もそうですが、スーツやコートに使われるウール製のツイード素材でもおなじみの織りです。

  • 5ドビー

    ワイシャツでよく見られるのは、平織りまたは綾織りの白地に同色で光沢感のあるストライプを織り上げたタイプ。ドビー織機と呼ばれる機械によって様々な柄が生み出されます。

  • 6サテン

    タテ糸かヨコ糸のどちらかだけを、表面に緻密に浮かせて並ばせた襦子織り(しゅすおり)の生地。コットンサテン、シルクサテン、レーヨンサテンなどがあり、美しい光沢と滑らかな肌触りが魅力です。

  • 7刺子織り

    ベースとなる生地を構成している糸よりも太番手の糸を用いて、刺繍を施したかのようにストライプやチェックなどの柄または幾何学的な模様を織ったもの。

  • 8絡み織り

    二本の糸を捩った(もじった)太い糸をタテ糸にしてヨコ糸と織り込んだ、目の粗い織物。通気性に優れ、見た目にも涼しげで、心地よい肌触りが得られます。捩り織り(もじりおり)ともいいます。

ワイシャツに使用される糸

番手
生地を構成する糸には太さがあり、番手と呼ばれる数字で表します。番手が大きくなるほど糸は細くなり、生地としては薄くて柔らかいものに仕上がります。ドレスシャツに使われる糸は、50〜120番手が主流。
単糸と双糸
シャツに使用される糸には一本の糸を使った単糸、二本の糸を撚り合わせて一本にした双糸があります。双糸を使用した生地は、同じ番手の単糸使いの生地よりも肌触りが滑らかに。

モノの本質を知ることは、
心地よい生活への第一歩

ただなんとなく着るのではなく、モノの本質をしっかりと理解すれば、視点だけでなくモノ選びや着こなし、扱い方にまで変化が見られ、自然と心地よい生活に近づいていけるはず。また、知識が増えることで会話の引き出しも増え、ビジネスシーンにおいても役立つ機会があるかもしれません。

シェアする
TOPへ戻る